■プロフィール

cafeいと

Author:cafeいと
縁側のような誰もがほっと一息つけるところ。
人と人をつなぐ場所をつくりたくて、カフェいとができました。
おひとりさまでも、ゆっくりくつろぎにいらしてください。

●営業日●
火曜・水曜・木曜:11:30~14:00(L.O.13:30)
木曜・14:00〜 ケアラーズカフェ 
土曜日のみ:完全予約制(12月の土曜日はお休み)
 *詳しくはお問合せください。
●定休日●
日・月・金
●Phone●080-4672-9110(火〜木)
●mail● cafe.ito.110@gmail.com
●HP● http://cafe-ito.com
●アクセス●
東京都墨田区本所4-29-18 2F
「とうきょうスカイツリー」駅、
「本所吾嬬橋駅」より徒歩約10分

■最新記事
■お好きな記事をどうぞ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■cafeいとへのお問合せ

**ご予約、お問い合わせなどお気軽にどうぞ**

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金柑の季節
昨日に続いて、今日も厳しい寒さが和らぎ、強張っていた背筋が少しだけ伸びる感じのする週末でした。長引いていた風邪からようやく体調が回復してきた子どもと手をつなぎ、「お日さまも出ていて嬉しいね」、と爽快な気分で歩きながらカフェいとに向かいました。

真冬でも太陽に恵まれる日が多いことに、幸せだな、とよく思います。わたしが学生のとき数年を過ごした、ある北の街では、大抵9月の後半ぐらいから翌年の4月初旬まで太陽はほとんど顔を出さず、凍るような寒さだけでなく、来る日も来る日も厚く雲のかかった空に、暗澹たる気持ちにさせられたのを覚えています。朝一番の授業のために家を出ると、外は真っ暗で街灯だけが真夜中のようにぼうっとした光を放っている。時間を間違えたのかしらん、と何度も時計を確かめてしまうくらいでした。

それ以来、東京の冬の太陽の寛容さに心から感謝するようになりました。冷たい空気の中でも、突き抜けるように輝く明るい太陽は、わたしにとっての冬のシンボルであり、冬という季節が好きな所以となりました。

そして、そんな太陽を思い起こさせる、今が旬の「金柑」。見かけはこんなに小さくて可愛いいのに、その甘味と苦味は洒落たバランスで、とても味わい深いです。「風邪予防に」、「喉に良いから」、と祖母や母に勧められて、子どもの頃から何気なく親しんでいた金柑の甘露煮も、自分が子どものために作るようになると、昔ながらの知恵に心から納得するものですね。金柑にはビタミンCが豊富で風邪予防に効くだけではなく、高血圧・動脈硬化の予防、便秘解消の効果もあるようです。

そんな昔馴染みの金柑を、今日のカフェいとのスイーツでは、皮を煮た「ピール」にして使ってみました。
金柑入りココアケーキです。
120205金柑ケーキ
アーモンドプードルをたっぷり入れてしっとりしたココア風味のケーキに金柑の酸味が程よく馴染んで、コーヒー、紅茶によく合います。バレンタインデーのプレゼントにもお勧めですよ。

ゆったりとした日曜日のひとときを過ごしに来て下さったお客さまたち。子どもたちの賑やかな声が和やかさを増し、今日も暖かいふれあいに満ちた午後となりました。


スポンサーサイト
スタッフブログ | 22:06:49 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。