■プロフィール

cafeいと

Author:cafeいと
縁側のような誰もがほっと一息つけるところ。
人と人をつなぐ場所をつくりたくて、カフェいとができました。
おひとりさまでも、ゆっくりくつろぎにいらしてください。

●営業日●
火曜・水曜・木曜:11:30~14:00(L.O.13:30)
木曜・14:00〜 ケアラーズカフェ 
土曜日のみ:完全予約制(12月の土曜日はお休み)
 *詳しくはお問合せください。
●定休日●
日・月・金
●Phone●080-4672-9110(火〜木)
●mail● cafe.ito.110@gmail.com
●HP● http://cafe-ito.com
●アクセス●
東京都墨田区本所4-29-18 2F
「とうきょうスカイツリー」駅、
「本所吾嬬橋駅」より徒歩約10分

■最新記事
■お好きな記事をどうぞ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■cafeいとへのお問合せ

**ご予約、お問い合わせなどお気軽にどうぞ**

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
えほんトーク 2
こんばんは(^^)
今日も北風が冷たい一日でしたが、カフェいとでは ほっこりと
第2回えほんトークが開催されました!
えほんトーク 看板

それぞれ好きなえほんの魅力をお話して、
おしゃべりに花が咲いて、とても楽しいひとときをお過ごし下さいました。

エホントーク 0225


私ごとで恐縮ですが、子どもの頃、えほんで思い出に残っているのは、

あるフレーズです。
そ・れ・は・・・

「ひとこぶらくだはひとこぶうんち。ふたこぶらくだはふたこぶうんち」

多くのえほんを聞いていただろうに、このフレーズが記憶の片隅にしっかりと残っていて…

らくだの絵とともに頭の中にしっかりと焼きついているのです。

絵とフレーズだけではなく、読んでくれた人の顔まで覚えています。

児童館の先生です。小学校1年生の頃ですが、その時の気分も周りの雰囲気も

とても幸せで楽しいひとときだったと思います。

同じ年頃の我が子にも、同じように幸せで楽しい思い出がつくれるかな?と

ある時譲っていただいた「いちねんせい」という本を読んであげました。

テンポのよい詩が多いので、聞きやすいようで、特に「ぱん」の詩がお気に入りです。

ぱんが、自己紹介しているような詩で、最後の行の「わたしはぱんです」というと

大爆笑します。何回も読んであげよう!そしてこのような楽しいひとときが

大人になった時に、心のともしびとなりますように。

第3回えほんトークは、5月を予定しています。

詳細が決まりましたら店内に掲示しますので、お気軽にスタッフまでお声掛けください♪



スポンサーサイト
イベントのご報告 | 21:22:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。